年内最後の企画、明日まで。

 

比較的温暖な、ここ愛媛も急な冷え込み。

師走を感じます。

年内最後の企画展も明日までとなりました。

ぜひお立ち寄りくださいませ。

 

同時開催中

『 工芸 いとおしいカタチ 』

『 3人展 干支とカレンダー 』

会場:3ta2gallery

会期:2019年11月22日(土)〜12月7日(土) 

時間:11:00 ‐17:00(最終日15:00)

住所:愛媛県松山市高井町560-4

電話:089-970-1043

 

『武田小都』手びねりの愉快な干支たち

 

会期中開催したワークショップ

仕上げの焼き、色付けは坂本明三郎氏が手掛けてくれます。

 

坂本明三郎『財布から招く子』

 

坂本明三郎『お釈迦さまあぁ〜』

 

坂本明三郎『最高のおふとん』

 

坂本明三郎『電光石火』

 

坂本明三郎『ちゅうちゅうトレイン』

 

スミダヒロミカレンダー原画

 

 

スミダヒロミカレンダー原画

工芸ーいとおしいカタチー 藤田えみ

明日から12月。

年内最後の今企画、ぜひご高覧くださいませ。

 

◾︎『工芸―いとおしいカタチー』

身に着ける、飾る、愛でて楽しむ、、

工芸の多様性や可能性を4人の作家が表現。

「KOGEI Art Fair Kanazawa 2019」

出品作品を3ta2 でも見ていただきます。

 

◇出展作家

きたのまりこ(鋳造)

大場咲子(銅版画、張子)

藤田えみ(ガラス)

常信明子(七宝)

◇11/22(金)-12/7(土)

   11:00-17:00(最終日15:00)

   休廊日 11/27(水)・12/4(水)

◇3ta2 gallery

   愛媛県松山市高井町560-4

   089-970-1043

   info@3ta2-gallery.com

   http://3ta2-gallery.com

 

出展作家紹介『藤田えみ』

1987 東京都生まれ

2010 多摩美術大学美術学部工芸学科ガラス専攻卒業

2012 多摩美術大学大学院美術研究科修士課程工芸専攻ガラス研究領域修了

大学院修了後、神奈川にて酸素バーナーワークの工房を設立。

ガラス素材を用いたミクストメディア作家とガラスジュエリーの作家として活動を始める。

2011年以降、北米に度々滞在。 工房アシスタント、ワークショップを通して学びを深めている。

 

 

『3人展〜干支とカレンダー〜』同時開催

工芸ーいとおしいカタチー 常信明子

今朝も気温が下がり冷え込みましたが、

山々の稜線が際立ち清々しい、、11月30日。

日々の流れのはやいこと。

 

◾︎『工芸―いとおしいカタチー』

身に着ける、飾る、愛でて楽しむ、、

工芸の多様性や可能性を4人の作家が表現。

「KOGEI Art Fair Kanazawa 2019」

出品作品を3ta2 でも見ていただきます。

 

◇出展作家 きたのまりこ(鋳造)

大場咲子(銅版画、張子)

藤田えみ(ガラス)

常信明子(七宝)

◇11/22(金)-12/7(土)

 11:00-17:00(最終日15:00)

 休廊日 11/27(水)・12/4(水)

◇3ta2 gallery

愛媛県松山市高井町560-4

089-970-1043

info@3ta2-gallery.com

http://3ta2-gallery.com

 

◆出展作家紹介『常信明子』

1991 神奈川県生まれ 2015 

東京藝術大学美術学部工芸科卒業

2017 東京藝術大学大学院美術研究科工芸専攻彫金終了

 

伝統的な工芸技法である「有線七宝」という技法を用いて、

自分が日々感じた「きれいなもの」や「おもしろいもの」を

モチーフに制作しています。

最近は主に日本の食べ物の持つ美しさを、

七宝の持つガラスの色彩や透明感、

金属の繊細さで表現することを目指しています。

 

 

『3人展〜干支とカレンダー〜』同時開催

工芸ーいとおしいカタチー 大場咲子

ギャラリーアプローチ内の植物も

枯れた葉が目立ち始めてきました。

風が冷たい一日。

会期も後半、12月7日まで。

 

◾︎『工芸―いとおしいカタチー』

身に着ける、飾る、愛でて楽しむ、、

工芸の多様性や可能性を4人の作家が表現。

「KOGEI Art Fair Kanazawa 2019」

出品作品を3ta2 でも見ていただきます。

 

◇出展作家

きたのまりこ(鋳造)

大場咲子(銅版画、張子)

藤田えみ(ガラス)

常信明子(七宝)

 

◇11/22(金)-12/7(土)  

   11:00-17:00(最終日15:00)  

   休廊日 11/27(水)・12/4(水)

 

◇3ta2 gallery

愛媛県松山市高井町560-4

089-970-1043

http://3ta2-gallery.com

 

◆出展作家紹介『大場 咲子』

1990 愛媛県生まれ

2014 東京造形大学卒業

2016 東京藝術大学大学院修了

 

絵画だけでなく、銅版画や張子の立体作品で、 

主知主義から解き放たれた精神世界、アニミズム、

異世界への憧れ、自然界への畏怖や敬意を表現しています。

 

 

同時開催『3人展〜干支とカレンダー〜』

工芸ーいとおしいカタチー きたのまりこ

四国・石鎚山も冠雪が見受けられ、

季節も一気に冬へ動き始めています。

 

3ta2 galleryでは二つの企画展を開催中。

この企画をもって年内の企画展は終了となります。

 

◾︎『工芸―いとおしいカタチー』

身に着ける、飾る、愛でて楽しむ、、

工芸の多様性や可能性を4人の作家が表現。

「KOGEI Art Fair Kanazawa 2019」

出品作品を3ta2 でも見ていただきます。

 

◇出展作家

きたのまりこ(鋳造)

大場咲子(銅版画、張子)

藤田えみ(ガラス)

常信明子(七宝)

 

◇11/22(金)-12/7(土)

 11:00-17:00(最終日15:00)

 休廊日 11/27(水)・12/4(水)

◇3ta2 gallery

愛媛県松山市高井町560-4

089-970-1043

http://3ta2-gallery.com

 

◆出展作家紹介 『きたのまりこ』

1975 愛媛県生まれ

2001 東京藝術大学大学院修士課程鋳金専攻修了

 

子供の頃よりずっと好きで観察していた

道脇や田畑に咲いている小さな草花、

そして庭に来る鳥などを主なモチーフとして制作。

いつもの暮らしの中にある草木を、

季節の移り変わりとともに日々感じながら、

気持ちの向くまま制作を続けています。

 

 

『3人展〜干支とカレンダー〜』同時開催中